みつはるブログ

『ひとつでは多すぎる』をモットーに色々挑戦したい。 ライフログ(旅・自然)メイン

【本】いちばんやさしいGit&GitHubの教本

IT界隈なら誰しも知っているであろうGit

Qiita界隈でも色々とコマンド周りで人気記事をみかけるGit

 

そんなGitのこと全然わからない…という危機感から、初めて学習し始めました。

git-scm.com

 

バージョン管理といえば、GitやSubversionが有名ですが

私の職場では100% Subversionが使われており、Gitなにそれおいしいの?状態の

人がいます。(私のことです^^;)

 

世の中では、Git全盛とも言っていいほど、Git界隈は盛り上がっているように感じます。Subversionはいつしか、レガシーになっているのでしょうか。

使い分けが大事という記事も見かけましたが。

 

 そんなわけで、これは身につけておかないとまずい、、という思いが強くなりました。

 

インターネットで調べればたくさんの情報が出てきますが、

まずはチュートリアル的なやつをやってみたいと思い、↓の本を購入しました。

【参考】book.impress.co.jp

教本という名の通り、手順に沿ってコマンドを実行し、画面を確認し、という形式で学習ができます。教本通りにひととおりやってみると、GitとGitHubの入門知識が身につけられました。

  

Subversionを知っていれば、あるいは、バージョン管理が初めてだとしても

つかみとしての理解は容易だと思います。初心者にとってはピッタリの本でした。

 

この本のおかげで、Gitはよくわからないし、何から始めたらいいかわからない、 面倒な準備が必要だったらどうしよう…みたいな不安が解決しました。

 

環境準備も、GitとVisual Studio Codeをインストールする、GitHubのアカウントを作成するぐらいで簡単でした。

 

なお、実務で生かせるレベルにするには、もっと情報であったり、練習だったりが必要ではないかと感じました。

 

今後は、さらに技術書を買ったり、インターネットで情報収集しつつ

Gitの知識を深めていきたいと思いました。

 

もし、これからGitをはじめてみよう!と思った方にはおすすめの1冊です。

いちばんやさしいGit&GitHubの教本 人気講師が教えるバージョン管理&共有入門 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)