みつはるブログ

『ひとつでは多すぎる』をモットーに色々挑戦したい。 ライフログ(旅・自然)メイン

【タイ】アユタヤ・寺院めぐり&初めての海外一人旅(2日目)

サワディーカップ、みつはるです。

2018年8月に3泊4日でタイを訪れた記録の2日目です!

 

ナライホテルで起床後、2Fのバイキングコーナーへ行きました。入口でホテルスタッフに部屋番号を伝えて入る感じでした。最初、タイ語で話しかけれたので(?)という顔をしたら、「ルームナンバー?」と英語で言い換えて頂きました^^;

 

朝食は好きなメニューを選んで皿に持って食べるタイプでした。サラダをたくさん食べましたが、日本では見ない葉っぱの形だったりして不思議な気持ちになりました。

 

その後は、宿泊ホテルからJTBツアーの集合場所へ移動しました。

集合場所はこちら▼ デュシタニホテルに2Fでした。

 2Fに着くと、他にもJTBツアーのグループ、スタッフ、お客さんがいました。

集合時間ギリギリに付いたため、焦りました。

自分が選んだツアーのスタッフはまだおらず、到着するまで待ちました。

(もしかして先に行ってしまったのでは?とずっと不安でした、、)

 

集合時間から15分くらい経って無事スタッフが来ました。他にもいくつか集合場所を回ってくるタイプで、道が混んでいたようでした。

 

大型の観光バス、席は自由、運転手とガイドスタッフの男性一人(タイ人、日本語可)でした。ガイドスタッフは日本語が普通に話せる方で、案内も日本語でした。

 

JTBツアーの日本向けスタッフは皆日本語が話せるようでした。仕事なら話せて当たり前かもしれないですが、よく勉強されていてすごいなあと頭が下がる思いでした。日本語は難しいですし、そもそも外国語を覚えるのは大変ですよね。。

 

ツアーのお客さん20人〜30人ぐらいは全員日本人で、ツアー中のバスは正直日本かと思う気分でした。バスに揺られ、最初に訪れた観光地はこちら、ワット・ヤイチャイモンコンでした。快晴でいい日でした。

f:id:oneistoomany:20190823205811j:plain

ワット・ヤイチャイモンコン

f:id:oneistoomany:20190823211144j:plain

涅槃

f:id:oneistoomany:20190823211242j:plain

寺院の1シーン

f:id:oneistoomany:20190823211356j:plain

大きな建物

この建物は階段を登って入ることができました。

f:id:oneistoomany:20190823211451j:plain

夏空

一番上まで行くと、テラスのような部分から周囲を見渡せました。

f:id:oneistoomany:20190823211633j:plain

上から見た景色

次に、象乗り体験をしました。ちょっとした広場を一周して戻ってくる感じでした。象との写真を撮られ、フォトケースにおさめてもらったやつを購入しました。(日本でも観光地ならよくあるやつですね)

 

場所はエレファントビレッジでした。象に乗っている間は怖くて写真が撮れませんでした^^; いや乗り心地は全然いいのですが、ゆらゆらが強かったです。

f:id:oneistoomany:20190823211900j:plain

象に乗る

次に、訪れたのはワット・マハタートでした。

f:id:oneistoomany:20190823213231j:plain

仏頭

f:id:oneistoomany:20190823213433j:plain

美しさと無残にも崩れた仏像の遺跡

最後に訪れたのは、ワットプラシーサンペットでした。

f:id:oneistoomany:20190823213747j:plain

寺院

f:id:oneistoomany:20190823214006j:plain

近づくととても大きい

f:id:oneistoomany:20190823214108j:plain

天に向かってそびえる

f:id:oneistoomany:20190823214248j:plain

遺跡

このあとは、最初の集合場所・デュシタニホテルに戻ってきました。アユタヤで寺院めぐり、象乗り体験をして大満足なツアーでした。半日ツアーで、朝出発、14時くらいには戻ってくる感じでした。自然豊かなタイの風景にも癒やされました。

ホテルに戻る途中、スコール?のような土砂降りがありましたが、ホテルに着く頃には止みました。宿泊のホテルに戻ったあとは、またコンビニでカップラーメンを買い、そのあとはまたホテル近辺を散策して日がくれる頃に帰ってきました。

 

タイらしさを存分に感じた1日となりました。やっぱり、バンコクの町は甘酸っぱい匂いが気になりました^^; 日本と比べるとかなり活気がありました。異国の地であるバンコクの雰囲気にとても圧倒されました。そして、新鮮な気持ちにもなれました。

 

日本の常識みたいなものはもちろん存在せず、世界は広いなあと思いました。日本を飛び出すと心境の変化がありました。自分がいかにちっぽけな存在か、狭い世界で生きてきたのかと思いました。もし、時間のある方、とくに海外に出たことがない方は、一度は日本を出てみてるのもいいと思います。

 

記事は三日目に続きます。

f:id:oneistoomany:20190823215635j:plain

遺跡