みつはるブログ

『ひとつでは多すぎる』をモットーに色々挑戦したい。 ライフログ(旅・自然)メイン

【タイ】バンコク・寺院めぐり&初めての海外一人旅(1日目)

ちょうど昨年(一年前)に旅行で訪れたタイの写真を紹介します!

タイは日本から飛行機で約6時間半、時差2時間の温かい国です。

日本からの旅行客も多く、親日な国と言われています。タイ語と英語が公用語です。

 

大学でタイの留学生と仲良くなったことから興味を持ち、行ってみたいなという思いがつのり実現しました。ただ、その留学生とは一緒には行けず、他の知り合いとも予定を合わせるのが難しかったため、一人旅でした。

 

しかも、なんと初めての海外でドキドキしました。渡航費だけ見れば安くおさまる国ですが、チキンな私は色々手配してくれるJTBツアーに全部おまかせな感じで行きました。お値段は高かったです^^;

(3泊4日、渡航費・ホテル・ツアー、現地費用含めると25万ぐらいかかりました)

 羽田発の便を選びました。空港でJTBの受付→タイ国際航空で受付→出国審査→指定搭乗口のロビーで待つという流れでした。初めてのことばかりでずっとドキドキでした。しかも一人で割と心細い。ただ空港にいるスタッフは手慣れているプロなので困ったら尋ねれば大丈夫ですし、安心でした。

 

時々、チケット発券後に搭乗ロビーが変わることもあるらしくアナウンスには注意が必要です。ロビーにたどり着くと、すでに乗る飛行機が目前にいました。地元に帰省するのとは大違いですが、これから日本を出るという実感は乏しかったです。

f:id:oneistoomany:20190822204034j:plain

搭乗ロビーにて、これから乗る飛行機

日が明るい飛行機に乗りたかったため、午前便を選択。36Aという窓側の席でした。

隣はタイ語を話す、これからタイへ戻るらしい方がいました。もちろんアテンダントはタイ人、日本とはもう違う空気にワクワクが止まりませんでした。

 

アナウンスも、タイ語→英語→日本語という感じでした。席にはモニターが付いており、映画を見たり、飛行機の現在地を見たりできました。お昼には機内食があり、美味しく頂きました。

 

映画数本を見ていると、タイの陸地が見えてきました。ほとんど緑か田んぼで田舎な景色でした。そして、タイ・スワンナプーム国際空港に着陸しました。▼

f:id:oneistoomany:20190822205641j:plain

スワンナプーム国際空港

空港についたあとは、通路を結構歩き、入国審査を受けました。人が多い時期なのか分かりませんが、結構な待ち行列ができており時間がかかりました。審査自体は、何も聞かれることなく、30秒くらいで終わりました。日本国パスポートは信用されているらしいですね。空港はレートがあまり良くないらしいですが、他で両替する勇気がなかったため、空港で1万円両替しました。日本円とパスポートを出すと、ほとんど会話なく両替してもらえました。

 

インターネット環境はどうしようと思ったのですが、タイに行く前にあらかじめ日本でSIMカードを購入しておきました。

SIMフリーiPhone 8に指したところ問題なく利用できました!現地・空港でも買えますが、慣れた日本で手に入れられるのは楽&簡単で良かったです。

【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

JTBツアーのアテンダントに合流でき、ハイエースでこの日はホテルまで移動しました。泊まったホテルはこちら▼

 グレードとしては中くらいか安い方を選びました。日本のビジネスホテル風なところでした。思っていたよりもキレイ、あとウェルカムフルーツが美味しかったです。

カードキータイプで現代的でした。一人で使うにはとても広い部屋でした。

2Fだったのですが、窓の外は通路があり、人がすぐ近くを歩いている^^;ということでずっとカーテン締切のため眺望はなくその1点だけ残念でした。

f:id:oneistoomany:20190822210931j:plain

ナライホテル

f:id:oneistoomany:20190822214536j:plain

ユニットルーム

ホテルに付いた後は町を散策。ルンピニ公園に行ってみました。ランニングされている方が多かったり、エアロビ?みたいな踊る運動をしている方もたくさんいました。

 

町にはファミマがあったりセブンイレブンがあったり日本みたいだなぁと思う反面、

町の空気がどこか食べ物のようなすっぱいような甘いような空気に包まれていたのが印象深かったです。あと、とにかくバイクが多かったです。時々、ベンツとかBMWみたいな高級車が走っていたり、日本車も走っていたりしたのに驚きました。傷だらけのタクシーも見かけました。

 

タイ・バンコクの交通事情(車)は渋滞がひどいらしく、しのぎを削るようにギリギリを攻める人が多いようです。高速道路も片道3車線のはずが、外側の路側帯にスペースがあるとそこを走る車がいたりして、実質4車線のようになっていました。運転の荒さに驚きました。JTBツアーの車に乗っていたときも怖かったです^^;

緊急車両も見かけましたが、「どけーっ、道を空けろ」という感じの

叫ぶアナウンスをしながら、車の間を縫うように進んでいました(結構な驚き)

 

コンビニでタイで初めての買い物(お菓子と夕食、カップラーメン)をしました。店員にタイ語で話しかけられ、さっぱり分からなかったです^^;

(たぶん、袋いりますか、とかレシートいりますか、みたいな感じだと思いますが)

レジの金額を頼りに支払いをして、無事にアイテムをゲットしました。

一人でレストランに入る勇気がなく、ごはんの大半はコンビニでタイっぽいものを

買って済ませました。カップラーメンはどれを買っても辛かったです^^;

タイ語のパッケージでは味が分からず、雰囲気で選び続けました)

町には、マッサージ屋さんも多かったです。店のカラーのTシャツを着た女性が、店の前に並んで呼び込みをしているのが印象的でした。マッサージは入る勇気が無かったので体験しませんでした。

 

ルンピニ公園を一周してホテルに帰りました。タイは日本に近いアジアというものあって、外見は馴染み深い感じで、日本とほぼ変わらないと思いました。後、バンコクは日本から訪れる人が多く、しばしば日本語も聞こえてきました。(たぶん観光客)

 

ホテルでは、タイのテレビが見れました。普通のニュース番組、ドラマ、小学生向けのようなタイ語の教育チャンネル、もちろん全部タイ語。字幕もタイ語。映像でなんとなく雰囲気をつかむので精一杯でした。

 

初日は移動のみでしたが、無事タイまでたどり着きました。一昔前の日本か、と思うほど、これから近代化していく途上なんだなぁという気がしました。町が活気にあふれており、人でがやがやしている感じ、町が雑多でちょっと薄汚れた感じが印象的でした。

タイは人よりも車優先らしいので、歩くにはちょっと怖い町です。ときどき近代的なビル・建物があったり、めちゃくちゃ古い建物が混在していたり不思議な気持ちになりました。高層タワーマンションもあったり驚きました。

 

そんな感じの1日目でした。続きは明日の記事にて載せます。